【郵送返却OK】名盤やおすすめ盤をCDレンタルするならK2レコードで。大阪・日本橋(難波)

100以上のジャンル分け、10万枚以上の在庫からレンタルCDのオススメ情報を紹介!郵送返却OK!大阪や関西以外の方もお待ちしてます!

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

ダウニー「第五作品集『無題』」 日本のポストロックおすすめ

ダウニー
「第五作品集『無題』」

日本のポストロックを代表するバンドのひとつ、downyが昨年遂に再始動し、
約9年ぶりとなるアルバムを発売しました。
長い沈黙を破っての新作ということで、昨年大きな注目を集めた作品の一つとなりました。

作品ごとに音作りが変わっていくバンドですが、今回の雰囲気は一言で言うなら非常にヘビー。
全体に張り詰めた空気が最後まで一瞬も緩むことなく、強い緊張感を覚えます。
隙もなく攻め立ててくるリズムに繊細な美しさが響くメロディが乗り、
そこに青木ロビンのゆらめくような声が合わさり、思わず呑まれてしまうほどの世界観を作り出しています。
「下弦の月」は珍しく歌詞が聞き取れるナンバー。
言葉が乗ることで更に深い、得も言われぬ空気を感じます。

今年のフジロックにも出演が決定しました。
どれほどのパフォーマンスを見せてくれるのか、非常に楽しみです。
第五作品集『無題』第五作品集『無題』
(2013/11/20)
downy

商品詳細を見る

(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セバスチャンX「パワーオブノイズ」(K2オススメ)【K2のレンタルオススメ&名盤CDアルバム】

セバスチャンX
「パワーオブノイズ」

4月に発売したシングルがチャートを賑わし、
レコ発ツアーも各地ソールドアウトが続くなど
飛ぶ鳥落とす勢いのセバスチャンX、待望のニューアルバムです。

エンジニアは過去作でも務めていた星野源が担当し、
非常にパワフルなポップサウンドに仕上がっています。

全体を通しての印象は、一言で言うなら“人生賛歌”。
既にライヴでも人気曲となっている「DNA」などは特に顕著ですが、
腹の底からの明るさと生命力が満ち満ちていて、
力強さと大きな包容力を感じます。

ギターレスの4ピースですが、それがかえってカラフルな鍵盤を引き立たせ、
分厚いアンサンブルにキラキラした輝きをもたらしています。
そこに永原真夏の飛び抜けた声量のボーカルがのっかり、
バンドを上へ上へとぐいぐい引っ張っているように感じます。

前作まではとにかく勢いが目立っていましたが、
7曲目の「光/男/カメラ」では穏やかな深みも感じ、
表現の幅も着実に広がってきました。

もうすっかり冷え込んできましたが、
「ヒバリオペラ(ALBUM ver.)」を聴くと
いつでもウキウキとした春の陽気の中にいる気分になります。

この明るくカワイイ恋の歌はこのバンドによく似合っていて、
思わずキュンとすること間違いなしのキラーチューン。
セバスチャンXを聴いたことがないという方にもオススメしたい作品です。
POWER OF NOISEPOWER OF NOISE
(2013/08/14)
SEBASTIAN X

商品詳細を見る


K2レンタルオススメCD)
by nak

★気になるジャンルは左のカテゴリでチェック!★
Blogの左側にある「カテゴリー」から
K2レコードのジャンルごとのレビューや情報がご覧いただけます。

日本のポストロックの他CDアルバムのレビューは
ここをクリック!





現在K2レコードではCDのレビューを募集しています。
あなたの名盤アルバムを教えてください!
当店BLOGなどでご紹介させていただいた方には
お礼といたしまして、1商品につき金券300円分プレゼント中!
詳細はこちらからどうぞ!
http://www.k2records.jp/text.html



★K2レコード★
関西最大級のレンタルCDショップ。
詳細はこちらからどうぞ
http://www.k2records.jp
当Blog右上にもリンクがございます!
K2レコード 2F パノラマ 5試聴
ここ↓をクリックすると広い店内の写真がたくさんご覧いただけます。
K2レコードの店内写真を見てみよう!

| スタッフおすすめ(nak) | 14:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女王蜂「魔女狩り」(K2オススメ)

女王蜂
「魔女狩り」

今年に入り突如活動休止になってしまった
女王蜂の初の全国流通盤です。

このジャケにこのタイトル、不穏な空気が溢れまくっていますが、
中身も妖しさ満点の歌謡ディスコサウンドでインパクトは絶大。
一度聴いたら忘れられなくなります。

いきなり「90年代」の大音量ディスコパンクから始まりますが、
全体的にバブル期のド派手な色彩を意識しているように感じます。

次の曲のタイトルが正に「バブル」ですが、
「ボディコンジュリ扇肩パッド」とまくしたてられ
当時を知っている人ならば思わずジュリ扇持って踊りたくなるかも。。。

「80年代」もこれらと似たテイストの曲ですが、
やかましいほどシンセが前面に出ていた2曲に比べ、
こちらはピコピコシンセとファズギターの絡みに
ややノスタルジーさえ感じます。

これもまたタイトル通りといったところでしょうか。

昭和ガレージ歌謡な「待つ女」、
か細いハイトーンがホラーな「フランス人形の呪い」など、
曲ごとの雰囲気はそれぞれ違うのですが、
男声と女声を自在に行き来する
アブちゃんの稀有な存在感の下きっちり統率されています。
魔女狩り
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 18:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グループイノウ「デイ」(K2オススメ)

グループイノウ
「デイ」

imai(track)とcp(MC)からなるユニット、
グループイノウの2012年発売の3rdアルバムです。

ファミコンサウンドの影響を強く感じるピコピコなトラックに、
ストーリーがあるようでないようなゆるーいリリックが乗る、
エレクトロっぽく、ヒップホップぽく、
でも何だかポップミュージック・・・な
面白い音が満載の彼ららしい作品です。

80年代エレクトロな匂いのする「CRISIS」や
切れのいいビートの「KNUCKLE」、
前述のピコピコファミコンサウンド全開の「KNIFE」などは
勢いのあるエレクトロサウンドで、
自然と体がノってきます。

脱力感が絶妙な「JUDGE」、心地よい軽さの「STORY」、
リラックスした穏やかな雰囲気の「MONKEY」、
畳み掛けるリリックとメロディーに
軽いトラックの相性が絶妙な「9」辺りは
ポップス寄りで馴染みやすいです。


「ORIEN TATION」はヒップホップ色の出たトラックですが、
「そこのカップル ペアルックはやめい」というフレーズが
最後まで耳について何とも奇妙な味わい。

ラストの「CARTAIN」は落ち着いた雰囲気が
不思議と泣きを誘います。
DAY
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 16:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トー「ザフューチャーイズナウEP」(K2オススメ)

トー
「ザフューチャーイズナウEP」

個々の高い技量とイマジネーションで
いわゆる「型に捉われない、カテゴライズの出来ないロック≒ポストロック」
というジャンルの潮流を生み出してきたバンドの一つであり、
日本のインストバンドを語る際は外す事の出来ない、
toeの2012年発売の4曲入りEPです。

「Run For Word」の明るい雰囲気で幕を開けます。
「月、欠け」はACOをゲストに招いた歌入りのトラック。

淡くとろけるようなボーカルがギターのアルペジオや
パーカスが効いたアンサンブルに乗り、
都会的でいてある種幻想的でもある、toeらしい一曲となっています。


「Ordinary Days」は、東日本大震災への支援として配信された曲です。
平凡な日々、というタイトルに彼らの祈りが込められているように感じます。
穏やかに寄り添うような、陽だまりの中にいる気分になる曲です。

「The Future Is Now」は次々と転回していくアンサンブルがスリリング。
バンドの現在の形が垣間見えます。
今作もtoe特有の空間的な奥行きが
存分に生かされた仕上がりとなっています。
The Future Is Now EP
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 21:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッコタワー「続・短編傷説」(K2オススメ)

ラッコタワー
「続・短編傷説」

2002年の結成から10周年を迎え、
サポートギターが新たに加わってからの
最初のアルバムです。

聴く者の感情をとにかく揺さぶる
激情の音と詞は凄まじいの一言。

5曲入りと曲数自体は少ないのですが、
どの曲もがらりと雰囲気が変わり、
また熱もこもっている為
聴き応えのボリュームは十分フルセット。
アツいです。

1曲目の「杏子」から飛ばしてきます。
いきなり始まるシャウトのようなサビでグイッと引きこまれ、
あとはその波に圧倒されるがまま。

サウンドは非常にエモーショナルなのですが、
どこか歌謡曲のようなメロディーのおかげで
やや渋みのある曲となっています。

バスドラの効いたイントロに追い立てられるように始まる
2曲目の「凡人論」は青臭く疾走感のあるハードチューン。

打って変わって3曲目「弥生」は、
透明感の感じる歌声が爽やかに沁みるミドルナンバー。
年数を重ねてきたバンドの深みが出ています。

と思いきやがなり立てるボーカルが効いた「変身」に続き、
ラストはピアノとバンドアンサンブルの
スケール感が美しい「告白」で締めています。

地道なライブ活動で着実に歩みを重ねてきたバンドだけあり、
サウンドは走りながらも安定感があります。
ガツンとした音が聞きたい時には是非。
続・短編傷説
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 18:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

印象派「ニーチェ」(K2オススメ)

印象派
「ニーチェ」

耳の早いリスナーの間では注目を集めていたようですが、
その実態は謎に包まれていた
大阪の現役OLガールズユニットの1stミニアルバムです。

一度聴いたら耳に残るフレーズやサウンド、
かつ型にはまらない自由なスタイルは正に”印象派”。

トランスだったり、サイケデリックだったり、はたまたパンクだったりと
アプローチは一ところに留まりません。

打ち込みは一切使用せず、100%人力による時に力強く、
時にディープなこのグルーブにはもう素直に参ったというほかありません。

クールとキュートを併せ持つ二人のボーカルワークとの相乗効果も抜群です。

独特の言葉選びも何とも言えずハイセンスです。
ほどほどにエロティックな中に「あの鐘を鳴らすのは貴方」(「SWAP」)や、
「豆腐店と峠越えのコラボレーション」「いきちがい気味なケン&メリー」
「17回目のラピュタと睡眠」(「[Nietzsche's]HEAT BEAT」)など、
ちょっとニヤッとしてしまう遊び心も。

全体的にスピーディーな印象があるのは、
車関係の歌詞がちらほら出てくるせいもあるでしょうか。
続けて聴いていると、車に乗ってもないのに高速を気ままに飛ばしているかのような
不思議な爽快感を覚えます。

プロフィールによると、彼女たちの最近の野望は
「“印象派”で検索されても自分たちがトップに出てくるよう声を張っていく」ことだとか。
ひょっとしたらそう遠くない内に叶う…かも?
要チェックです。
Nietzsche
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ASA-CHANG&巡礼「影の無いヒト」(K2オススメ)

ASA-CHANG&巡礼
「影の無いヒト」

独特の世界観を展開しつつ様々なアーティストに
楽曲を提供するなど幅広く活躍するASA-CHANG&巡礼。

このアルバムは他の作品と比べて少しヘビーな雰囲気が強く、
多少聴く人を選ぶところはありますが、
不思議と延々リピートしてしまう何とも言えない引力があります。

リード曲になっている「影の無いヒト」など、
特に、いわゆるキャッチーさなど無いに等しいのですが、
妙に癖になり気付けばどっぷり嵌ってしまっています。

ちなみにこの曲には坂本龍一、宮藤官九郎、太田莉奈が声で参加。
彼の人脈の広さがこんなところでも示されています。

とことんダークなアルバムですが、
合間合間に「ウーハンの女」「家へ帰りたい」など
シュールでどこかコミカルな曲もあり、
これがこの作品に、真っ黒なだけでない絶妙な色合いを持たせています。

この匙加減が前述の引力の正体でしょうか。
ちょっと現実から離れたところに浸りたい、なんて時にはオススメかも。
影の無いヒト
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モーモールルギャバン「僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」(K2オススメ)

モーモールルギャバン
「僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」

京都から飛び出た破天荒バンド。
「ゆきちゃん」「パンティー泥棒の歌」など
インパクトの強い(むしろ強すぎる)曲もありながら、
「悲しみは地下鉄で」など琴線に触れるポップスを作らせても
天下一品と元々器用なバンドではありましたが、
今作では以前よりそのポップネスの部分に比重を置かれ、
じっくり聴けるアルバムになっています。

このバンド特有の派手な色合いは健在なのですが、
喧しさよりもむしろ静けさを感じる、不思議な空気感が漂っています。

メインでボーカルを取るゲイリー・ビッチェと
key担当のユコ・カティのボーカルが、
いい塩梅で織り交ぜられているのも
一層その独特の雰囲気を引き立てています。

この辺りのバランスの良さは今までも持ち合わせていたものですが、
いい意味で落ち着いた作品を出してくるようになったことは、
バンドのスケールがまた一つ大きくなった証でしょうか。
近く出る新作も楽しみです。

とにかく「僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」は一聴の価値あり。
アルバムのタイトルリードに恥じない名曲です。
僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 23:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピロカルピン「太陽と月のオアシス」(K2オススメ)

ピロカルピン
「太陽と月のオアシス」

透き通った女性ボーカルと文学性の高い詞、
奇をてらわないながらも耳に残るメロディーが美しい4ピースバンド。

去年メジャーデビューを果たして以来、満を持して、
バンドとしても初のフルアルバムです。
過去作でも見せてきたドリーミーな世界は今作でも健在です。

「パルプフィクション」は映画のタイトルから取ったかどうかは分かりませんが、
疾走感溢れる比較的ロックテイストの強いナンバー。

「シャルル・ゴッホの星降る夜」や「老人と海」などの曲名も、
物語性を意識していることが感じられ印象的です。

先行シングルとなった「ロックスターと魔法のランプ」は開放感に満ち、
全体を引っ張っていくような力強さも感じます。

カラフルな中に影がちらつく「獏にくれてやった夢」など、
一曲一曲カラーが違い、聴きごたえがあります。
Vo.松木智恵子の中性的なハイトーンが美しく、
それに沿うようにアレンジも全体的に爽やかさたっぷりの空気にまとめられています。
暑苦しい真夏にはちょうどいいかも。
太陽と月のオアシス
(K2レンタルオススメCD)
by nak

| スタッフおすすめ(nak) | 11:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ