【郵送返却OK】名盤やおすすめ盤をCDレンタルするならK2レコードで。大阪・日本橋(難波)

100以上のジャンル分け、10万枚以上の在庫からレンタルCDのオススメ情報を紹介!郵送返却OK!大阪や関西以外の方もお待ちしてます!

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オムニバス「幻野 幻の野は現出したか ~71'日本幻野祭 三里塚で祭れ」(ロストアラーフ、頭脳警察、ブルースクリエイションなど)

genya


70年代の最大のアンダーグラウンド祭りの始まりです!
成田空港建設反対闘争で揺れている当時の「三里塚」
で行われた衝激的なフェス。

アヴァンギャルドな灰野敬二率いるロストアラーフ(かなり初期になります!)
ロックンロールなブルースクリエイションと頭脳警察。
フリージャズすぎる高柳。
そして盆踊り、さらには観衆の喧嘩まで!
その場の空気感の全てを含んだ一枚をどうぞ!

ちなみにこの作品はジムオルークが「私の求めているのはこれだった!」と大絶賛!ooぴょoo
関連記事

| 邦楽音響系/ポストロック | 00:24 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

THE BEACHES(ex JERRY LEE PHANTOM)(ビーチズ《元ジェリーリーファントム》)「THE BEACHES」

beaches


ジェリーリーファントムのメンバーが
ロックンロールの新世界を開く為に再デビュー!

ジェリーリーの持ち味であった
「ループ感 meets キャッチー&ポップ」が
ビーチズではさらに鋭く進化し
もっともっとダンサンブルになっています。
そしてどんなに寒くても忙しくても
このアルバムを聴いていると周りが夏になりますよ!

ズボンズ(zoobombs)やヘアブレインドユニティー(hare-brained unity)
好きには間違いなくマストアイテムです!


このバンドもクラッシュと一緒でロックダブパンクディスコスターでした!そして今ダンスだ!
ooぴょoo
関連記事

| 邦楽ロック/ポップス | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いいにおいのするアヴァンミュージックフェスティバル07@鰻谷 燦粋

最初から観たかったのですが、
風邪(とうとう私にも花粉症の洗礼かと思ったけど)で
熱が下がらないままなので、途中から観ることに。
あふりらんぽのオニが妊娠したらしいと噂を聞いたので、
これは今日見逃すと絶対後悔しそうだったから
あふり目指してのこのこ出掛けました。

<あふりらんぽ>
CDは一通り聴いてたのですが、生はやっぱ凄い迫力!
そしてめちゃかわいい。異様な雰囲気とか漂うのかと妄想して
今までビクついて観に行かなかったことを後悔。
本能のままの演奏のなんと清々しいこと。
ついついテンション上がってしまいました。

<ヴァンピリア>
アニコレやバシュティバニヤンのプロデューサー、
ラスティサントスのプロデュースで世界デビューが決まっている
大人数編成バンド。全員キャラ立ちすぎで強烈です。
あふり観た後だからかもしれないけど、
もうちょっと削ぎ落として落ち着いたところを観てみたい。
面白いし、やりたいこといっぱいあるんだろうな
というのは伝わってくるのだけど。
5/3にヘラと対決するみたい。楽しみです。

<パプリカ>
HOSOMEの大沢式子さんによるエレクトロニカ。
めちゃくちゃドリーミーでかわいいトラックに合わせて、
小さな体でリズムを取りながらサックス吹いてる姿が印象的でした。
意識朦朧としてきたとこで余計に夢見心地。

<メルツバウ>
まさにノイズを体感。振動で体が全部粒子になっていくみたいで、
細胞が活性化されるか癌細胞に生まれ変わったかもしれない…。
でも嘘みたいな話腰痛がましになりました。
音の種類によって体の響くところが違うこととか、
脳が揺れてるのとかがわかってびっくり。
自分の体の存在がわかる感じ。
これはヘッドホンではわからなかったから衝撃的でした。
さらにノイズワールドにはまったかも。


<ジャッキーオーマザーファッカー>
機材のトラブルなのか、始まっても落ち着きがなかったのですが、
フォローが素晴らしかった。
後半だんだんノってきてから気持ちいいのなんのって。
目をつぶってゆらゆらしてたら、
キラキラした白い靄の中にいるみたいでした。


中途半端な体調で観たので変な感想ですが、
今日は曲とかノリよりも、
音そのものを楽しめた一日でした。

dipdiscさん、ありがとうございました。(さ)
関連記事

| スタッフ日記 | 04:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フラワーカンパニーズ「脳内百景」

furakan



「俺たちハタチ族」と言っていた彼らもそれから10年
もう40歳になってしまいますね!?
そんな日本一のライブバンドのキャッチーな名作。

曲中の歌詞にあるのですが
「歳をとるって事はシンプルになること」
まさにサウンドにもそれが現れ、今までよりさらに解り易くなっています。
その上さらにそれぞれの曲に個性があり、聞き飽きない奇跡の作品になっています。

怒られたりして辛くなった時には
素直に立ち向かうフラカンを聴こう。そしてライブに踊りに行きましょう!彼らは必ず深夜高速を猛スピードで走ってやってきてくれる筈です。OOぴょOO
関連記事

| 邦楽ロック/ポップス | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Extreme The Dojo Vol.17

Brutal Truth/ Vader/Cryptopsyという痙攣3連発。
正直どのバンドも曲の判断が非常につきにくい(笑)
ブルータルトゥルースはオーラがありまくり、キャラ立ちまくりで全部同じ曲に聴こえるにもかかわらず楽しさいっぱいの1.5時間。ケビンの生活習慣病体系が気になりつつも、ダンの存在感が際立っていました。最初は音がちょっとショボクてPAもなかなかちゃんと音を作りづらそうでしたが、音が揃ってからはもう完璧。10年以上前の曲をやっているとは思えないラウドさ。
終演後ちょっとフロアで粘ってたらリッチ(ドラム)とブレント(ギター)が出てきてお片づけ。声をかけて握手してブレントとは彼のカメラに収まるという幸運!そしてやっぱりレジェンド・ダニー登場!アンスラックスもニュークリアアソールトもブルータルトゥルースも大好きな自分としては本当にレジェンドですもんね~。ガッチリ握手してもらいました。

帰り際にクリプトプシーのヴォーカルさんがロビーにおりまして彼とも握手。みんなめっちゃ人の良さそうなおっちゃん達でライブとのギャップが笑えます。

K2のお客さんも行った人がいたんでしょうか?
復習はばっちりK2で出来ますので、次回来日を祈りつつ
ブラストビートに身を委ねましょう・・・。
ぶる

べい

くり

関連記事

| スタッフ日記 | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Stafrænn Hákon (スタフラインハウコン)「Gummi」

すた

レイキャビクの愛すべき宅録くん、オラファーヨセフソンによる
スタフラインハウコンの新作!!!
シガーロス等のアイスランド勢の活躍に後押しされてか、
とうとう初の日本盤で登場です。
今作から宅録じゃなくなってバンドサウンドになり、
なんだか全てにおいてスケールアップ。
たゆたゆしたテンポはそのままなのですが、
曲によっては列車の走るスピードで低空を飛んでるような、
目の前の世界がどんどん広がっていく感じがします。
ハープやベルできらきら感もたっぷり。
オルガンのやさしい音もたまりません。
以前のは深海とか海洋映像のイメージでしたが、
音に温かみが増したせいか今回は大地っぽい。
「Svefn」はまさにジャケみたいに、雪が積もってるけど、
ちょっと地面がのぞいてる雰囲気。
そしてオラファー自身はあんまり歌ってないみたいですが、
まともに唄ものもあります。
「Hausi」のボーカルの人の声は包んでくれるような深みがあって、
うっとりしすぎて胸が痛くなりました。
「Veggur」のスケールの大きさに胸が熱くなり、
そして「Þurr Þurr」ではせつなすぎてまた胸が痛くなりました。
冬から春への季節の変わり目というこの時期に
この作品が聴けたのはほんとに幸せ。
シガーロスはもちろん、レイキャビク絡みの音が好きな人
(アルバムリーフとかもね)は聴いておかないと
春が訪れませんよ。(さ)

関連記事

| アヴァン/ポストロック | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |