【郵送返却OK】名盤やおすすめ盤をCDレンタルするならK2レコードで。大阪・日本橋(難波)

100以上のジャンル分け、10万枚以上の在庫からレンタルCDのオススメ情報を紹介!郵送返却OK!大阪や関西以外の方もお待ちしてます!

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チョットおすすめVol.2

ミニローグ「アニマルズ」
AnimalsAnimals
Minilogue

Cocoon 2008-05-27
売り上げランキング : 22206

Amazonで詳しく見る

名門コクーンより期待の新鋭デビュー!
ディープなミニマルとチルアウトの二枚組です。
(テクノ)
関連記事

| カテゴリーオススメ盤 | 12:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョットおすすめVol.1

ウイスキープリースト「ハングリー」
HungryHungry
Whiskey Priest

Bric-A-Brac 2008-04-15
売り上げランキング : 418933

Amazonで詳しく見る

シンプルなアコースティックギターとピアノの伴奏に
とろけるような優しすぎる歌声。
親しみやすメロディで等身大っぽい自然な雰囲気は
タマスウェルズ好きにオススメ。
(宅録くんと個性派シンガーソングライター)
関連記事

| カテゴリーオススメ盤 | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入荷情報6/21(プログレetc)

★プログレッシブロック・ユーロ
イアンカーウィズニュークリアスプラス 「 ラビリンス 」
カーブドエア 「 空中漂流 」
カレイドスコープ 「 ホワイトフェイスドレディ 」
キャラバン 「 カンニングスタンツ 」
クレシダ 「 アサイラム 」

★エレクトロニカ・フォークトロニカ
CASIOTONE FOR THE PAINFULLY AL 「 VS CHILDREN 」
CITY CENTER 「 CITY CENTER 」
ISAN 「 SALAMANDER 」
JERSEY 「 ITINERARY 」

他にも続々入荷中!

City CenterCity Center
City Center


売り上げランキング : 282624

Amazonで詳しく見る

関連記事

| 入荷情報 | 12:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TAICO CLUB09(長いです)

長野県こだまの森にて行なわれたTAICO CLUB09に行ってきました。

雨が予想されていましたが、結果的に流れ星が見えるほどの晴天に。
日頃の行いの良さがここにきて発揮されました。イエァ。

テントを張って各々のペースで楽しむ野外フェスの中でも
広大な自然とステージ間移動の利便性(すべり台で移動も!)などの
ロケーションと音響のよさではかなりのもの。

そして
「ひとことで言うならゼウスか!?」(byケンドーコバヤシ)
と言ってしまうほど今年のメンツの豪華さ!
そりゃあチケット取るのも一苦労です。



では、主観的な自分の感想をどうぞ。



テントを張り一息ついたところで
まずはNYハウス~ミニマルなムードマンを聞き流しつつ
クボタタケシのステージへ。

さすが!なレゲエ~ジャングルやスカ~ロックステディなど
ルーディな選曲と見事なカットインで踊らせてくれます。
フィッシュマンズ「BABY BLUE」や
シュガーベイブ「ダウンタウン」など日本のクラシックがかかったときは
周りの人のテンションも激アガリ!


続いてはロックバンド代表ZAZEN BOYS。

いつもながらの変拍子+NEW WAVE+ツェッペリンな曲から
クラブ系アーティストの多いイベントということを考慮してなのか
「ZAZEN BOYS4」で見せたハウストラックや
最近のライヴでダンス仕様になったCOLD BEATなども
展開を増やして踊らせる演奏を披露。
あまりの勢いのよさにロックキッズ共々自分も
モッシュゾーンで大暴れしてきました。
日本が誇る現行ロックバンドはやはりカッコイイ!!


続いて登場したのはダニエル・ウォン。

初めて知ったのですが、
ものすごく日本語がうまいんですね。
DJを始める前に丁寧にあいさつ。

そして繰り出されるディスコサウンドに誰もが笑顔!
本人が一番踊ってんじゃないか?って位にノリまくってました。
1曲ごとにしっかりとレコードを見せて曲の解説、そして客いじりw

なるほど、高橋透の本にも書いてあったような
ディスコのDJは昔しゃべりもやっていたというのは
こういう感じなのかと認識。

ミックスではなくあくまでもつなぐだけのプレイながら
持ち前のキャラでも踊らせることのできる面白いDJです。
それにしてもめっちゃくちゃカワイイおっさん!
一緒にいた友人もすぐファンになりましたよ!


続いてSIS。

リカルド・ヴィラロボスのレーベルからのリリースで話題になり
ミニマルのパーティで彼の曲がかからないことはないと言っていいほど
ノリにノッてるプロデューサー。
CDリリースが待ち遠しいです。

ライヴはストイックにミニマルサウンドを展開。
ドSなまでもキックの抜き方で簡単には踊らせないけど
流れの生み出し方はなかなかのもの。


そのまま石野卓球に流れて
最初の5分で今日のプレイは絶対にいいものになる!
と確信したのですが(実際、メチャクチャよかったそうです)
どうしても気になっていたSPECIAL OTHERSを見ることに。

SPECIAL OTHERSは先日M-ON TVにて放送された
小学生と一緒に「Laurentech」を演奏するドキュメントに
ものすごく感動したのでぜひ生で見たいと思ってたのです。

その選択に間違いはなかった!
さすがジャムバンドらしくライヴでの力の発揮の仕方が素晴らしい!
ここまで踊れたのか!
夜の森の中というロケーションも相まって
あまりにも感動的な空間が生まれていました。
特に「QUEST」「IDOL」「AIMS」の流れに涙する人も。

そしてまた驚いたのが
最前ブロックではまさかのモッシュとOiOIコール!w
どこに潜んでいたのかロックキッズ達がここぞとばかりに大暴れしてました。
もちろんそこにまぎれましたけど。

そんなオーディエンスに相反してクールに淡々と演奏するメンバー。
でも時折笑顔がこぼれていたのはやはりこのライヴが
素晴らしい空間を共有できていたことの表れでしょう。

あ、そういえば「Laurentech」やってない。
今度見に行こ。


そのままJELを見ることに。

初期DJシャドウに通じるメランコリーなダウンビートを披露してたのですが
なんとサンプラーの生演奏!
ややこしいビートをその場で手打ちでプレイしていました。
さすがアンチコン!ナード(オタク)です!


いったん引き上げてグレイのスーツに着替えて
Doseoneとともにまたステージへに戻り
Themselvesとしてのライヴがスタート。

アンチコンらしいメランコリクでサイケなトラックから
オールドスクールなエレクトロものまでやっぱり生演奏でプレイ。
Doseoneがあおりまくりしゃべりまくり、
とんねるずのコントのダンス(マハラジャネタ)を思わせる変な動きをするなどで
自分の中の「固い」と思っていた印象が一気に崩れました。
そして、あんなカッコいいモヒカンみたことがない!


ヘッドライナーであるスクエアプッシャーの登場!
しかし!自分は体力の限界とリカルドヴィラロボスに備えて
途中で仮眠をとることに。

あのスクエアプシャーがライヴで曲を演奏している!ということだけでも驚きでしたが
まさかのドラマー出現!もちろんバカテク!

「Just A Souvenir」で見せたプログレッシヴロック的な展開!
両サイドに置かれたベースやトラックと同期されていた波形のグラフィックが
この脅威のサウンドを視覚的にも演出していました。

これらは人づての話ですが、
なんと!かの名曲「Iambic 9 Poetry」をイントロだけ演奏、
最後は激ハードコアなドリルンベースで終わった、など
やはりものすごい演奏だったそうです。
あー。


そして自分的大本命リカルド・ヴィラロボスの登場。

リカルドはこれで3回目だったのですが
1回目に体験したTRIANGLEでのプレイで自分は
「俺テクノのこと何にもわかってなかった!」と気づきテクノに目覚めたのです。
今回はまたそんな衝撃を思い出させてくれました。

骨組だけの無機質な音塊が時に激しく、時に静かにと
まるで生き物かのように徐々にうねりながら大きさを増していき、
最終的にハウス~トランスサウンドで弾けて
昇ってきた朝日に反射してキラキラに輝いて散らばるような展開。

一緒にいた友人は「人生で有数の衝撃」と感動してました。

独特のブレイクの置き方とキックの抜き方、
そして超人的なミックスは一体どうやっているのか?と手元を見るのですが、
結局彼の「変な動き」だけを覚えるだけでしたw
これちょっとした「リカルドあるある」になってるかも。

※リカルドを初めて見た人なら
 彼の「動き」がまたさらなる衝撃だったでしょう。
 ものっすごいクネクネした動き&挙動がオネエ系!


リカルドの持ち時間終了と思いきや
なんと田中フミヤとBack To Back(1枚交代でプレイすること)に!

それからさらにSISも加わり3人で回すことに!
大型イベントだからこそ生まれるサプライズでした。


そこからNICK THE RECORDを少しだけ見ることに。
長丁場おつかれさまでした!と言わんばかりの
これこそ極上!なチルサウンドに足を奪われましたが、
このままいたらまた一晩過ごすことになってしまう!
と思い体力のあるうちに帰りました。
しかし、もっと聴きたかった!!


そんな感じで寝るヒマのないタイコクラブ。
音楽もさることながらそこで一緒に踊っていた人とお酒を飲んだり、
遠方の友人達と久々に再会したり、
K2のお客さんが声をかけて下さったりと
人とのコミュニケーションの素晴らしさを再認識させてくれた素晴らしい2日間でした。


次はメタモルフォーゼだ!!
あ、サマソニか!?
(aka)
関連記事

| スタッフ日記 | 12:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入荷情報6/11

★洋楽ロック・ポップ
ウィーザー 「 レッドアルバム 」
ウィルコ 「 スカイ・ブルー・スカイ 」
グリ-ン・オン・レッド    「 スケ-プゴ-ツ        」
コールドプレイ 「 美しき生命 」
ザ・ミュージック 「 ストレングスインナンバーズ 」
ナイン・インチ・ネイルズ 「 ゴースツ1-4 」

★洋ガレージ・サイケ・モッズ
OUTSIDERS 「 OUTSIDERS 」
ジュライ 「 ジュライ 」
ストロベリーアラームクロック 「 ウェイクアップイッツトゥモロウ 」

他にも続々入荷中!

美しき生命美しき生命
コールドプレイ

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-06-18
売り上げランキング : 1264
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

関連記事

| 入荷情報 | 11:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★アシッド・フリーフォーク
アクロンファミリー 「 セッテムワイルドセッテムフリー 」
ジェフラング 「 エンジンズモーン 」
タラジェインオニール 「 アウェイズアウェイ 」

★エレクトロニカ・フォークトロニカ
IT'S A MUSICAL(モールミュージック) 「 THE MUSIC MAKES ME SICK 」
WHY?(アンチコン) 「 ALMOST LIVE FROM ELIS LIVE ROO 」
オムニバス 「 LITTLE DARLA HAS ATREAT FOR 」
オムニバス(モールミュージック) 「 NOT GIVEN LIGHTLY TRIBUTE TO 」

★アヴァン・ポストロック
TEAM B 「 TEAM B 」
アース(ドローン) 「 ビーズメイドハニーインザライオンズスカル 」
ジムオルーク 「 アイムハッピーアンドアイムシンギングアンドア123 」
ワトゥーシ(混血無国籍) 「 テキーラサングレフエーゴ 」

他にも続々入荷中!

ザ・ビーズ・メイド・ハニー・イン・ザ・ライオンズ・スカルザ・ビーズ・メイド・ハニー・イン・ザ・ライオンズ・スカル
アース

インディーズ・メーカー 2008-02-22
売り上げランキング : 159611

Amazonで詳しく見る


関連記事

| 未分類 | 12:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入荷情報6/1(テクノetc)

★テクノ
ESPLENDOR GEOMETRICO 「 BALEARIC RHYTHMS 」
ESPLENDOR GEOMETRICO 「 POLYGLOPHONE 」
ESPLENDOR GEOMETRICO 「 VERITATIS SPLENDOR 」
JOSH WINK(クリックミニマル) 「 WHEN A BANANA WAS JUST A BANAN 」
PENDLE COVEN 「 SELF ASSESSMENT 」
マルセル・デットマン 「 ベルゲン02 」

★ダブステップ・グライム
KOMODO 「 SUBLUNA 」
WILEY 「 SEE CLEAR NOW 」

上記以外にも続々入荷中!

See Clear NowSee Clear Now
Wiley

Amazonで詳しく見る


関連記事

| 入荷情報 | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |