【郵送返却OK】名盤やおすすめ盤をCDレンタルするならK2レコードで。大阪・日本橋(難波)

100以上のジャンル分け、10万枚以上の在庫からレンタルCDのオススメ情報を紹介!郵送返却OK!大阪や関西以外の方もお待ちしてます!

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

入荷情報(邦楽etc)

土岐麻子「ライト!~CM&カバーソングス」
TOKI ASAKO TOKI ASAKO "LIGHT!" ~CM & COVER SONGS~
土岐麻子

rhythm zone 2011-02-02
売り上げランキング : 451

Amazonで詳しく見る

CMで話題沸騰!エポ作曲による限定シングル「Gift~あなたはマドンナ~」を収録した、新世代のシティ派シンガーによる嬉しい編集盤!


【定番オススメ】
エポ「Epocha1980~1986」
Epocha 1980-1986Epocha 1980-1986
EPO

RCAアリオラジャパン 1999-06-23
売り上げランキング : 25224

Amazonで詳しく見る

エポの偉大な功績を知るにはうってつけの二枚組のベスト盤!初期作品からCM曲までバランス良く選曲されていますよ。
関連記事

| 入荷情報 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

邦楽クラブサウンド:オススメレンタルCD

実用向きではなかった電子音をメインに表現する音楽が、テクノ・ミュージックと呼ばれ、定着するようになったのは80年代に入ってから。たとえばドイツではクラフトワークなどが知られていますが、ここ日本では“テクノ・ポップ”として一世を風靡したイエローマジックオーケストラ=YMO(K2ではテクノポップコーナーで展開しています)から始まりますが、その後シンセサイザーの発展やMIDIの登場など、テクノロジーが進歩し、テクノ・ミュージックの可能性は広がりました。とくに90年代に入るとラップトップのコンピュータによる制作が一般化し、その表現方法は多彩になりました。また野外イベントやクラブでのフロア、ヘッドフォンでのリスニングなど、アウトドア/インドアといった場所を選ばない音楽として、身近に楽しめるものになっていったといえるでしょう。K2ではそれら90年代の電気グルーブ(石野卓球、砂原良徳)以降のアーティスト(KAGAMMI、田中フミヤ、レイハラカミ、RYUKYU DISCOなど)で展開しています。ジャンルとしては、テクノ、ハウス、エレクトロニカ、クラブジャズを揃えており、ブレイクコア、サイケトランスなどもあります。


Sunaga T Experience
「World Standard Schema」

須永辰緒の人気シリーズ『 World Standard 』の
イタリアの名門レーベル< Schema >とのコラボ盤!

クラブ・ジャズを基調にボサノヴァ、サンバ、キューバ音楽など、
さまざまな要素を取り入れ、
スムーズにミックスを際立たせた上にストーリー性を加えた、
上質なジャズ・フロアにいるかのような錯覚を感じる心地良いサウンドです。

World Standard SCHEMA~mixed by Sunaga t Experience [Import] (Rio De Janeiro)



アカカゲ
「RAGAZZO SBARAZZINO」

ファッション/音楽/アートといったすべての
メディアが融合する活動体、< Ragazzo Sbarazzino >が
放つ第 1 弾 Mix CD 。

今作では日本のクラブ・ミュージック・シーンを牽引する第一人者、
akakage こと . 伊藤陽一郎をフィーチャー。

現在のクラブ・シーンにおける先鋭的で異能的な
感覚を持ったアーティストの作品が並ぶ本作は、
全音楽ファン必聴の 1 枚です!

RAGAZZO SBARAZZO



Kagami
「PAH」

アルバム『 Spark Arts 』で話題沸騰となった彼の Mix CD 。
得意のアッパー・サウンドに磨きをかけ、
パーカッシヴなテクノからディスコテイスト、
さらにロック寄りサウンドまで展開し再びテクノで締める、
常にピーク・タイムな極上の一枚!

全てのダンスミュージック・ファンを踊らせる完全フロアー対応!

PAH (CRZM007CD)



Rei Harakami
「わすれもの」

15年間の活動の"寄せ集め"アルバム(06年作)。
単なる「寄せ集め」と侮る無かれ。

そもそもハラカミ氏の楽曲は流行や時流といったものに左右されるものではないし、
音というか全体のサウンドのイメージのようなものは、
恐らくデビュー当時から揺るぎないものであったのだろうと改めて思う。

また、収録曲の中には楽譜データを紛失し、テープのみしか残っていなかったという「いとぐち」(1997)や、
学生時代に4トラックMTRで作成したという「さようなら」(1989)、
それに新作「にじぞう」(2006)といった制作/録音環境の異なる楽曲が混在しているにも関わらず、
聴いていて全くツギハギ感を感じないのには、ちょっと驚き…。

小鐵徹氏によるマスタリングの成せる業でもあるのか。

わすれもの



金原千恵子
「STRINGS OF LIFE」

DJ/プロデューサー井出靖によるレーベル“GRAND GALLERY”から
VISION QUESTAに続くアーチスト第2弾は、
ジャンルの枠を越えた活躍を続けるヴァイオリニスト、金原千恵子の4作目(06年作)!

ブレイズ、ルイ・ヴェガ、 アナンダプロジェクト、カレイドスコーピオ、カスケイドなど、
ハウス界のトップ・クリエイターをプロデューサーに起用がストリングスと
ダンス・ミュージックの新たな出会いを提示している。

なんとTECHNO/HOUSEクラシック、デリック・メイの「STRINGS OF LIFE」のカヴァーも収録!

Grand Gallery presents STRINGS OF LIFE



RYUKYUDISKO
「PEEKAN」

言わずと知れた沖縄の双子兄弟テクノ・ユニット<リュウキュウディスコ>が
“テクノ”にフォーカスして作りこんだ、本気度100%の2ndフル・アルバム(06年作)!

沖縄の伝統音楽の要素をテクノに取り入れつつも、
クラブ・ミュージックとしてアナザー・レベルにまで昇華させた
次世代テクノ・ミュージックが無限に広がる!

耳障りなカンジがないのに、ノリノリなれるピコピコサウンドで、
読書などのBGMにもオススメです。

6曲目の「ZAZEN beats」は、ZAZEN BOYSの「HIMITSU GIRL'S TOP SECRET」をサンプリング!
ZAZEN BOYSの向井公認(快諾)の曲!

PEEKAN




COLDFEET
「BEST」

98 年の壮絶デビュー以来常に新しいサウンドを取り入れ、
ジャジーでセクシーかつパンキッシュな世界観を放つ
何にも属さないユニークなユニット。

中島美嘉「 Legend 」のプロデュースなど多方面な活動を展開している彼らの、
『 Jazzfeet 』までのアルバムの中から代表曲、
そして(廃盤になっていた)幻の楽曲も収録!

BEST


関連記事

| 邦クラブ | 19:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HR/HM:オススメCD

HR/HMの在庫リストはこちら↓
http://k2records.jp/cd-hmhr2.html



ブルースロックを基調に重いリズムと、ギターによるディストーションサウンドが特徴的なハードロック。ハードロックよりさらに激しい体感を表現したヘヴィメタル。
よく言われるのがハードロックとヘヴィメタルの違いってどこ?って事なんですが非常に曖昧で何とも言えません。
ただ、一般的なファンの認識からすればエアロスミスはハードロックでありヘヴィメタルではないですし、メタリカはヘヴィメタルでありハードロックではありません。でもって、個人的な見解で言えばブラックサバスはハードロックでもありヘヴィメタルでもあると思います。

で、一口にハードロックやらヘヴィメタルと言ってもいろいろと細分化されていて、LAメタルやスラッシュメタルやデスメタルやドゥームメタルなどなど。ハーロドックだって70年代のツェッペリンを中心にいわゆる「ロックファン」が聴いて違和感のない物等も多く、ストロークス、ホワイトストライプス、ハイブスあたりが好きな人が聴いておいて損のないバンドも多く存在しています。
また、ヨーロッパを中心にメロディに重点を置いたバンドは日本でも多く好まれいて、本国の次に日本が重要なマーケットになっているバンドも多いのです。
K2では特にスラッシュメタル、ドゥームメタル/ストーナーロック、ルーツオブハードロックを特集していますが、ルーツオブハードロックはブルースブレイカーズやブルーチアーも含めていてもうそれこそロック史の表裏名盤掘り下げコーナー的になっているので、「ハードロック」「へヴィメタル」という看板に惑わされず聴いてみる事をオススメします。



Killing Is My Business (Rmx)
ライヴ~ディケイド・オブ・アグレッション
ザ・オンカミング・ストーム
フレイル・ワーズ・コラプス
ミアズマ
ライズ・オブ・ブルータリティ
THE END OF HEARTACE
ニュー・アメリカン・ゴスペル
ヘイトブリーダー
CLAYMAN
セヴンス・カミング
ドゥームズデイ・マシーン
リバース
デリヴァランス
関連記事

| HR/HM | 19:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガレージロック:オススメレンタルCD

『ガレージロック』とはガレージ(車庫)で練習するアマチュアバンドが多かったことに由来しています。現象的には、1960年代前半におけるビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクスなどのイギリス出身バンドによるいわゆる「ブリティッシュ・インヴェイジョン」の強い影響を受けたアメリカの若いバンド群主導による草の根的ムーヴメントであるとされています。ガレージ・ロックの範ちゅうにくくられるバンドは雑多ですが、古典的なロックンロールのスタイルにのっとったシンプルなコード進行の曲が多く、ロックの原初的な衝動(初期衝動)がストレートに現れたものが多いです。代表的にはMC5、イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ、ザ・シーズ、ザ・キングスメン、ブラック・フラッグ、カウント・ファイヴ、プリティ・シングス等、また一発屋だったが、スタンデルズの「ダーティ・ウォーター」やトロッグスの「恋はワイルド・シングス」は、とても印象的でした。 また現在もストロークス、ホワイト・ストライプス、リバティーンズ、ダットサンズ等のフォロワー達にその魂は脈々と受け継がれています。


シャドウズオブナイト
「グロリア」

R & B やブルースのベタな名曲を
平然と勢いだけでやってしまう、
ガレージバンドのお手本のようなバンドです。

Gloria



モンクス
「ブラックモンクタイム」

ずしずしっとくる重いリズムと雄叫びのようなボーカル。
それでいて暑苦しさは無くてむしろクール。
素敵です。

Black Monk Time



マミーズ
「ネバービーンコート」

彼ら自身がガレージロック大好きなのが
伝わってくる音や曲調。

まさに 90 年代に蘇った「聴きたい」ガレージロック。

Never Been Caught



ウェイラーズ
「ウェイラーズウェイラーズエブリホエア+アウトオブマイツリー」

モッズテイストも感じる渋いガレージバンド。
ファズギターと強烈なボーカルの絡みに
圧倒されてしまいます。

Wailers Wailers Everywhere / Out of Our Tree




ソニックス
「ヒア・アー・ザ・ソニックス」

モッズテイストも感じる渋いガレージバンド。
ファズギターと強烈なボーカルの絡みに
圧倒されてしまいます。

HERE ARE THE SONICS!!!


ガレージロック:レンタルリスト
関連記事

| ガレージ/サイケロック | 18:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フュージョン:オススメレンタルCD

1960年代の後半より、電気楽器やロック風な奏法を取り入れた、新しい演奏スタイルジャズ・ロック、クラシックや現代音楽の要素を取り入れたクロスオーバー(現在クラブ系のジャンルとして扱われているものとは違います)を経て、アメリカなどでは1970年代終盤、日本でも同時期から1980年代に入ると、よりソフィスティケイトされたポピュラーな曲想や演奏となりました。これを、他のジャンルと融合した音楽としてフュージョンという新たなジャンルで呼びます。マイルス・デイヴィスのビッチェズ・ブリューがフュージョンの最初のアルバムと言われています。現在ではよりポップ性を持たせ、大衆により聞きやすくなったスムーズジャズがアメリカのラジオ局を中心に人気になっています。主なアーティストには、ウェザー・リポート、キャンディー・ダルファー、クルセイダーズ、グローヴァー・ワシントン・Jr.、シャカタク、ジョージ・ベンソン、スタッフ、スタンリー・クラーク、デイヴ・グルーシン、デイヴィッド・サンボーン、パット・メセニー、ボブ・ジェームス、マーカス・ミラーらが挙げられます。そして日本ではカシオペア、高中正義、T-SQUARE、DIMENSION、ナニワ・エキスプレス、プリズム、本多俊之、松居慶子、松岡直也、渡辺香津美、渡辺貞夫らが有名どころです。


ハービー・ハンコック
「ヘッド・ハンターズ」

ジャンルを越えてR&B、ソウル、ファンクなどを吸収したハービーが、
音楽シーンに投げつけた問題作( 73 年)。

このアルバムでの彼は単なるジャズ・ピアニストとは別物のハービーである。
エレクトリックを旨とし(たまにジャズに回帰するが)音楽は電子ファンク。
マイルス・デイビスの彼に対する要求から出た必然的な産物。

そしてこの流れは後のヒップホップ世代へ引き継がれる!!

ヘッド・ハンターズ



スパイロジャイラ
「モーニング・ダンス」

リーダーでありサックス・プレーヤーのジェイ・ベッケンスタインのペンによる、
超有名タイトル曲や、ブレッカー・ Brs. などをゲストに迎えた
爽やかなフュージョン・サウンドを展開する
70 年代フュージョンの代表作ともいうべき傑作( 79 年発表の 2nd )アルバム。

軟派なイメージもあるが、この作品でフュージョンに目覚めた人も多いはず。
流麗なメロディーで粒揃いの楽曲は、
常に再発される程の根強い人気です!

モーニング・ダンス



マハヴィシュヌ・オーケストラ
「火の鳥」

ジェフ・ベックにも影響を与えたギタリスト、
ジョン・マクラフリン率いるマハヴィシュヌ・オーケストラの 72 年の傑作で、
ジャズ・ロックの名盤と言われる 1 枚。

ロックの攻撃性と重さ、さらにジャズの洗練された技巧が
凝縮された華麗かつダイナミックな名演のオンパレード!

ヤン・ハマーのキーボード、ビリー・コブハムのドラムも圧巻です!

Birds of Fire



The Brecker Brothers
「ヘヴィ・メタル・ビ・バップ」

フュージョン名盤の 1 つとして挙げられると同時に、
多少、色物的に見られることもあるブレッカー Bros. の
4th アルバムにして初のライブ (78 年作)。

そのアルバム・タイトルに示される非常にハード・ドライヴする演奏を繰り広げます。
メンバーはランディ・ブレッカー (tp) 、マイケル・ブレッカー (ts) 、
バリー・フィナティー (g) 、テリー・ボジオ (ds) 、ニール・ジェイソン (b) ほか。

全ての楽曲が演奏、楽曲ともまさにハイクオリティ!
このライブの凄まじさが、ノリが、テンションが全てにおいて伝説的です!

ヘヴィ・メタル・ビ・バップ



ニール・ラーセン
「ジャングル・フィーヴァー」

TPO を選ばないフュージョンの名作中の名作( 78 年)。

バックはサンバやルンバで賑やかだけど彼のオルガンは常にクールで、
それがまたカッコ良く職人芸を感じます。

軽いのに渋く、生半可なフュージョンとは一線を画している。
ラーセン = フェイトンの作品を除けば、これが彼の最高傑作!

ジャングル・フィーヴァー


関連記事

| フュージョン | 15:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フリージャズ:オススメレンタルCD

1960年代のジャズの演奏形態のうち、西洋音楽的な制約に従わないルールで演奏されるスタイルのジャズの総称です。別名ニューシング。1950年代のウェストコーストで実験的ジャズとして演奏していたものを、オーネット・コールマンが東海岸に紹介することで、一般的な認知を得るにいたりました。一言でフリージャズといっても、西洋音楽的な制約に従わない、という点を除けば立脚するルールは個々に異なっており、演奏スタイルは演奏者の数だけ存在するといっても過言ではないでしょう。代表的にはアーチー・シェップ 、アルバート・アイラー、セシル・テイラー、ジョン・コルトレーン、アート・アンサンブル・オブ・シカゴほか。日本にも阿部薫や高柳昌行、山下洋輔、坂田明らがいます。
またスピリチュアルジャズはクラブ・ジャズのDJらが多用したところから生まれた言葉で、精神を高揚させるようなパワフルでエネルギー溢れる演奏で、ディープで宇宙的な広がりを持つ作品や、自由や開放を謳った歌詞が多いです。例えるならその父にジョン・コルトレーン、母にはファラオ・サンダース、その子孫にはマッコイ・タイナー、ゲイリー・バーツ、アーチー・シェップ、ビリー・ハーパー、ハンニバルがいると言えます。またサン・ラのような(驚異の)カルトスターも存在しています。


Art Ensemble of Chicago
「The Spiritual」

『苦悩の人々』と殆ど同時期,AECとして最初期の録音の1つ。

極めて多彩かつ人間臭い響に満ちた,惹きつける力の強い音楽であり,
「人々」を表現して今尚新鮮である。

同じ頃の録音を聴き返してみるにつけ,彼らのアイデアの豊富さには恐れ入る。
タイトル・トラックは、60年代の伝統的黒人音楽に対する新しい解釈を呈示したと同時に、
アメリカにおいての黒人の地位向上を象徴した作品となった。

Spiritual-Remastered



Pharoah Sanders
「Thembi」

ポップでダンサブル、グルーヴ溢れるスピリチュアリティが感動的な、
1970年インパルス代表作。

各チューン程良い長さの全6曲で、はずれなし!
中でも・は作者の純粋な気持ちが Cecil Mcbeeの
ウッドベースで表現されている素朴な名曲。

Thembi



SUN RA (サンラ)
「HELIOCENTRIC WORLDS VOLUMES 1 AND 2」

土星からやって来たと公言する、
僧侶のようなローブに身を包んだピアニスト/コンポーザー/バンド・リーダー
であるサン・ラ。

ジャズ伝導師として、半世紀に渡って不可解で崇高な美を創造した。

また 500 枚にも及ぶアルバムを制作して自主レーベルから限定リリース、
そのほとんどはもはや伝説となっているライヴの会場で販売されていた。

これは度々復刻されファンには人気のアイテム。しかもお得なツー・イン・ワン CD です。

Heliocentric Worlds 1 & 2



Albert Ayler
「グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー」

フリー・ジャズ全盛期に残されたNY派の名ライヴ・アルバム。

煌きを放つパワフルな彼のブロウが素晴らしい。
先鋭的なプレイに満ちた、瞬間、瞬間が美しいライヴ実況盤だ。
彼のベストを一枚挙げろといわれたら、
間違いなく本作。サックスの表現力はより深まっているし、
アンサンブルが緻密でカラフルになった。

さすがは晩年のコルトレーンが影響を受けただけのことはある。

グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー



関連記事

| フリージャズ | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダブ:オススメレンタルCD

ダブは元々レゲエとつながりが深く、ジャンルやスタイルというよりも、トラックの抜き差し、低音や高音の強調、空間系音処理(リヴァーブ〔反響音〕、ディレイ〔エコー音〕、パニング〔左右の音量バランス〕)などの音処理の手法という意味合いが強いです。現在はルーツレゲエだけでなく、クラブ系、音響系にも細分化されています。K2では、エイドリアン・シャーウッドやダブ・シンジケート、オーディオ・アクティヴ等、クラブ系の続きに展開しています。またキング・タビーやリー・スクラッチ・ペリー、オーガスタス・パブロのレゲエ・アーティストもここに持ってきました。マッシブ・アタックの1994年作“protection”のダブ盤もお薦めです。どれも、できる限りの大音量で聴いていただきたいものです。


Joe Gibbs & The Professionals
「No Bones For The Dogs」

音楽におけるアナーキー & デストロイ!

70's レゲエの名門レーベルであるジョー・ギブスが
70 年代に残した音源を集めた一枚。

プロフェッショナルズの土臭くドライヴする演奏に、
チャイムやアクセル音などをコラージュ感覚でミックスする独特のダブは必聴です!

No Bones for the Dogs: Dubs From 1974-79



THE ROYALS
「Dubbing With The Royals」

世界屈指のレゲエ・レーベル発の、激キラー! 激レアな
PRINCE FAR-I と I-ROY の DJ ヴァージョン等を始め、
キングタビー , リーペリー , グレゴリーアイザック ,
キングジャミーなど最強の面子によるヴァラエティー豊かな全 19 曲!

ダブファン、レゲエファンは聴くのみ!

Dubbing With the Royals (PSCD044)



Keith Hudson
「Pick A Dub」

ディープ・ダブの代名詞;キースハドソン!

決して歌も演奏もうまくはないけど味がある。
そして途方も無く力強いサウンド。

ワウギターを使ったファンキーなアレンジなど聴き所はたっぷり。
キースハドソンによるキラー・ダブを堪能して下さい!

Pick a Dub




The Congos
「Heart Of The Congos」

まさにレゲエ史上に残る傑作のひとつ!

熟練のバック・コーラスがゆるやかなハーモニーを形作り、
ヘヴィなドラム・ビートとゆらめくルーツ・リズムが重なり合う。

リー・ペリーがプロデュースした中でも最高の出来栄えと言われている!

Heart of the Congos



Prince Far-I
「Dub to Africa」

ダブ・クリエイターの重鎮!
プリンス・ファーライは、キング・タビー、サイエンティスト、
リー・ペリー、などと並ぶダブ界の重鎮。

重心の低いヘヴィなグルーヴの上に気の触れたような
SE が飛び交う、淡々とした重いダブだ!

Dub to Africa

関連記事

| ダブ | 14:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラムンベース:オススメレンタルCD

Drum'n'Bass。90年代にイギリスで生まれたとされるダンス音楽の事をこう呼びます。ジャングルをその前身としジャングルのリズム、ベースをさらにソリッドに、もっと言えばよりスマートにさせた、ブレイクビーツミュージックです。リズムに特徴があり、非常にテンポの速く複雑な構成のドラム音と比較的ゆったりとしたベース音が基本。その上にボーカルが入ることもあるし、JAZZ寄りの音が乗っていることもあります。クラブではMCが入ることも多いです。代表的アーティストとしては、LTJブケム、4 Hero 、ファビオ、レモン ディー、MCムース、トップ キャット、フォーテック、ゴールディー等があげられます。


LTJ ブケム( L.T.J BUKEM )
「Journey Inwards」

LTJ ブケム個人名としての 2 枚組初ソロ作。
全体的にはスペーシーで疾走感のある曲が多く、
純粋なドラムンベース曲はわずかですが、
生音バンドをベースにしていて
彼のパーソナリティのようなものが表現されている。

フルート入りの Jazz Funk っぽいトラックや
Vo. をフィーチャーした R&B 曲などもあり、
先人へのリスペクトも感じられる。

JOURNEY INWARDS



ゴールディー( Goldie )
「リング・オブ・サターン」

このアルバムは 2nd 「 SaturnzReturn 」の拾遺的な未収録曲&リミックス集。

これまで 2 枚のアルバムでは見せたことがない
鋭いエッジのあるサウンドを聴かせてくれます。

また、ボビー・コールドウェルのカバーであるボーカル曲のリミックスが二つ収録されていて、
ボーカル抜いてちょっと手を加えただけなんですが、
エレクトロっぽいシンセまたはムーグの音
とドラムンベースのリズムのぶつかり具合がクール!
理屈抜きで楽しめる 1 枚。

リング・オブ・サターン



ロニ・サイズ=レプラゼント(Roni Size)
「ニュー・フォーム」

このアルバムは 2nd 「 SaturnzReturn 」の拾遺的な未収録曲&リミックス集。

これまで 2 枚のアルバムでは見せたことがない
鋭いエッジのあるサウンドを聴かせてくれます。

97 年に< Talkin' Loud >レーベルから発表された今作は、
ドラムン・ベース界のみならず、
世界各地のクラブ・ミュージック界までも震撼させた。

その、まったく無駄のない骨格のしっかりとした
ブレイク・ビーツが引き起こすグルーヴの衝撃波は凄まじい。

まさにドラムンベースの金字塔的名盤!

New Forms



フォーヒーロー( 4 Hero )
「クリエイティング・パターンズ」

ドラムン・ベース、テクノ界の大御所による通算 4 枚目( 2001 年)のアルバム。

複雑なビート・プログラミングはやや影をひそめたが、
生音 / 生演奏の感覚を重視したサウンド・アプローチは健在。

さらにシンプルでファット、ときに緩いグルーヴへの傾斜と
メロディの復権といった志向を暗示している。

勢いまかせにしない緻密な音響構築力はどうも見ても音楽家の才覚である。

そうした音楽家としての方向性を強化したのも本作の魅力。

クリエイティング・パターンズ



フォーテック( Photek )
「モードゥス・オペランディ」

ドラムン・ベース、テクノ界の大御所による通算 4 枚目( 2001 年)のアルバム。

複雑なビート・プログラミングはやや影をひそめたが、
生音 / 生演奏の感覚を重視したサウンド・アプローチは健在。

UK ドラムンベース界の新星として、フォーテック名義以外でも
いくつかの作品を発表して異彩を放つ孤高の天才ルバート・マークスの 1st アルバム。

日本の侘び寂びを楽曲に注入しスピリチュアルなメッセージが託されています。
コマーシャルなドラムンベースに飽きた人にオススメ!

Modus Operandi


ドラムンベース:レンタルCD在庫リスト

| ドラムンベース | 14:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブレイクコア:オススメレンタルCD

オーストラリアBloodyFistから発祥とされるガバ(オランダ発祥のRotterdamTechnoをより速くハードな展開に仕立てたもの。)の一種です。他のガバをそのまま流用するような形のものや、相当な速さのBPMのものもあります。基本的には二分の一のBPMブレイクビーツを突っ込んだガバだとされるらしい。PCソフト、サンプラーなどにより非常に細かく裁断、再構築された高速ビートを軸に、 いわばニンフォマニア(色情狂)の如く積極的に他ジャンルと交配を繰り返し、 様々に、そして複雑に進化していっているハードコア音楽の一種とも言えます。KID606、ザ・バグ、DJラプチャー、シローザグッドマン等が人気あります。


シローザグッドマン
「踊り狂って飯が腐るのだ」

ロムズの主宰者による、ヤバすぎるジャンクアルバム!
ぶっ飛んだ「ロムズジャパン」の主催者による、
ぐるぐる狂ったようなミックス CD !
ダンスホール、ガバ、ブレイクコアを見事にブレンドした作品。
この作品は聴けば、タイトル通り、
ご飯が腐るまで踊り狂ってしまいます!
新世代のサウンドを耳にせよ!

踊り狂って飯が腐るのだ



DJ ラプチャー
「スペシャルガンパウダー 」

どこまでも続くブレイクコアサウンド!
ヒップホップからダブを通ってノイズまみれになり
ドリルンベースに抱きかかえられて出来上がった一枚!

時代やジャンルから卓越した凄すぎるこのキテレツなサウンドは、
これから先の妙な音楽シーンのコロンブス・アルバムとして
語り継がれること間違いなし!

スペシャル・ガンパウダー



ザ・バグ
「プレッシャー」

ハードコア×ダンスホール!
ダビーなトラックに攻撃的なマシンガン MC が炸裂!
ジャーシャカやアイレーションステッパーズの等の UK
ダブサウンドシステムにかなりの影響を受け、
吸収し非常に独創性の高い一枚です!

とにかく新しい斬新な音楽と爆音を求めるあなたにぴったし!

プレッシャー



キッド606
「プリティガールズメイクレイブス」

足が縺れてもダンシング!
ダンスフロアを揺り動かすかのようなヘヴィな 4 つ打ちテクノチューンの応酬!
ダフトパンク~ジェフミルズ、ローランガルニエのような 4 つ打に、
ミニストリーやブラックフラッグのようなスピリットが
注入されたかのような怒濤の 45 分間。
ぶっとおしでパーティー!パーティー!

Pretty Girls Make Raves



ドッドド
「ドの道ドッドド」

ブレイクコアの聖地、大阪から発進!異端ブレイクコア!
異端であるブレイクコアがさらに異端になってこんにちわ。

踊れる、踊れないと言うよりやばいぐらいのインパクトのあるサウンド、
さらには童謡をフィーチャーした懐かしい心をくすぐるような作りになっている一枚!
是非聴いて下さい!

ドの道ドッドド



ブレイクコアレンタル在庫リスト

| ブレイクコア | 13:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入荷情報(洋楽etc)

マッシブアタック「ヘリゴランド」
ヘリゴランドヘリゴランド
マッシヴ・アタック ロバート・デル・ナジャ ガイ・ガーヴェイ トゥンデ・アデビンペ グラント・マーシャル デーモン・アルバーン

EMIミュージックジャパン 2010-02-03
売り上げランキング : 61667

Amazonで詳しく見る

前作より7年ぶりの新作!オーガニックな生音を主体とし新しいソウルを生み出した2010年ベストの1枚!デーモンアルバーン(Blur)も参加!


タク・タカハシ(m-flo)etc「パンティ&ストッキング オリジナルサウンドトラック」
Panty&Stocking withGarterbelt The Original SoundtrackPanty&Stocking withGarterbelt The Original Soundtrack
TCY FORCE produced by ☆Taku Takahashi

フライングドッグ 2010-12-29
売り上げランキング : 206

Amazonで詳しく見る

一部地域では放送不可だったスタイリッシュで超過激な問題作アニメのサントラです。エレクトロからドラムンベース、R&Bまでm-floサウンド全開!これこそ隠れ名盤!


他にも続々入荷中!
関連記事

| 入荷情報 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ