【郵送返却OK】名盤やおすすめ盤をCDレンタルするならK2レコードで。大阪・日本橋(難波)

100以上のジャンル分け、10万枚以上の在庫からレンタルCDのオススメ情報を紹介!郵送返却OK!大阪や関西以外の方もお待ちしてます!

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

入荷情報(JAZZetc)

ミシェルカミロ「マノアマノ」
マノ・ア・マノマノ・ア・マノ
ミシェル・カミロ

ユニバーサル ミュージック クラシック 2011-06-15
売り上げランキング : 124280

Amazonで詳しく見る

超絶技巧でお馴染みのピアニストがパーカッション奏者を迎えた久々のトリオ作品。ラテンならではの激しい系からしっとり系まで、大人な雰囲気で聴かせてくれます。パーカッションとの掛け合いが面白いですよ!


アビシャイコーエン「七つの海」
七つの海七つの海
アヴィシャイ・コーエン

EMIミュージックジャパン 2011-06-08
売り上げランキング : 178742

Amazonで詳しく見る

イスラエル出身のベーシストによる12作目。今回はトリオでなくホルンやフルート奏者も迎え、中東をはじめ世界の秘境を優雅に旅するような気分で聴ける、オリジナル作品と伝統音楽を披露してます。


他にも続々入荷中!
関連記事

| 入荷情報 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グロウイングコンサーン「グロウイングコンサーン」(K2オススメ)

グロウイングコンサーン(Growing Concern)
「グロウイングコンサーン(Growing Concern)」

ビートルズの「サージェントペパー〜」やLSDの登場、
ヒッピー文化の流行という背景からか、
60年代半ばから70年代にかけて既存のビートグループとは
明らかに違う音を出すバンドが多く出現しました。

時には攻撃的であり、また静的であるその音は
サイケデリックロックと呼ばれ、一過性のブームではありましたが、
当時の音楽が放った歪みは廃れることなく、
現在でもジャンルを超えて様々な音楽から聴き取ることができます。

このグロウイングコンサーンというバンドも、
サイケデリック全盛期にデビューした男性リードヴォーカル1人に
女性コーラスが2人というちょっと変わった編成の7人組で、
68年のデビューアルバムが唯一作です。

チープなオルガンの音に、曲毎に音色を変えて暴れまくるギター、
甘い歌声が奇妙なリードヴォーカルとフラワーな彩りをそえるコーラス隊、
カオスなドラムといった具合にどのパートも個性があります。

その中でも特筆すべきなのがベースで、
ツボをついたフレーズがどの曲でも光っていて
アンサンブルの核となっており素晴らしいです。

楽曲もコーラスを活かしたアレンジで「こうくるかっ!」というような展開をがあり、
ソフトロック調のものから、アシッドフォーク、ガレージ、GS風なものまで
様々な表情があるので、飽きずに聴けると思います。

特に1曲目、ホリーズの「Hard,Hard Year」のカバーは、
ギターとオルガンの異国感あるメロディに女性コーラスの神聖な響きと
混沌としたドラムがマッチした幻想的な揺らぎのあるグッドカバーで、
自分はこの曲を聴くとエジプトに佇む巨大なピラミッドを
連想してしまいます(エジプトには行ったことがないです)。

ガレージ〜ソフトロック好きまで楽しめる、
フラワーポップな作品なので是非聴いてみて下さい。

現在2Fガレージロックの棚付近にてサイケデリックロック特集も展開中です。
60s、70sサイケの名盤もまとめて置いていますので、
興味がある方はこちらも是非チェックしてみて下さい。

ザ グローイング コンサーン(紙ジャケット仕様)
(K2レンタルオススメCD)
by wat
関連記事

| スタッフおすすめ(wat) | 16:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入荷情報(ロック/ポップetc)

ニールヤング「トレジャー」
ア・トレジャーア・トレジャー
ニール・ヤング・インターナショナル・ハーヴェスターズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2011-07-06
売り上げランキング : 159925

Amazonで詳しく見る

カントリーアレンジを中心としたライブアルバム。カントリーというと距離をおいてしまう人もおられるかもしれませんが、彼のルーツにカントリーがあるのは過去アルバムからは自明の事。結構楽しそうに、そしてキレキレに演奏するニールヤングの姿が目に浮かぶ好盤です!


メリッサホーン「Sag Ingenting Till Mig」
Sag Ingenting Till MigSag Ingenting Till Mig
Melissa Horn

Ais 2010-02-16
売り上げランキング : 446380

Amazonで詳しく見る

ポップ大国スウェーデンの歌姫。スウェーデン語で歌われる優しくも儚く、そして異国情緒溢れるヴォーカリゼイションは聴くと止められない!?ヤエルナイムが好きな人は要チェック!


他にも続々入荷中!
関連記事

| 入荷情報 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スーパーストックス「サーフルート101」(K2オススメ)

スーパーストックス( Super Stocks)
「サーフルート101(Surf Route 101)」

ビーチボーイズのブライアンウィルソンの共作者として、
またミレニウムのカートベッチャーとのサジタリアスの
相方として名を知られるゲイリーアッシャーの
プロジェクト。64年作品です。

テーマはサーフィン!
気分がうきうきしてくるような歌ものと、
わくわくするインストが詰まっています。

サーフのインストものといえば、
ベンチャーズやディックデイルを思いつきますが、
このスーパーストックスのインストは、何か違う!

波だけでなく飛沫や太陽の光の眩しさまでもを
描ききったようなキラメキをサウンドに
感じさせるのです。

もちろん歌ものもピースフルで思わずニッコリ!

このプロジェクトの参加メンバーが錚々たるもので、
先日なくなったビリーストレンジや、豪快ドラムのハルブレイン、
サックスソロも聴かせてくれる名キーボーディストのレオンラッセル等!
何気に渋くて豪華!

今時の音楽を聴きながら海に行くのも楽しそうですが、
このアルバムを聴きながらだと雰囲気も気分も変わって、
景色がいつもと違って見えるかもしれませんよ。

洋楽ロックポップのビーチボーイズ付近で、
サーフ/ホッドロッド特集をしています。
ジャン&ディーンやサンダルズ、リンクレイ、トラッシュメンなど
是非この機会に懐かしいサウンドをご堪能下さい。

サーフ・ルート 101
(K2レンタルオススメCD)
by SKG
関連記事

| スタッフおすすめ(skg) | 14:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紹介キャンペーン

6/5(火)~6/30(土)に紹介カードにて、お知り合いの方が入会されましたら
紹介者にスタンプ10個押印いたします!

紹介カードに会員様のお名前と会員番号を記入してお知り合いの方にお渡し下さい。
紹介だけでスタンプカードが全部たまるかも!?

★紹介カードはご利用時に配布、また店内にも設置しております。

紹介カード音符
関連記事

| お知らせ | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミニーリパートン「パーフェクトエンジェル」(K2オススメ)

ミニーリパートン(Minnie Riperton)
「パーフェクトエンジェル(Perfect Angel)」

おそらく音楽ファンでなくとも「Lovin' You」という曲は聴いた事があるでしょう。

その超有名曲があるゆえに、ミニーリパートンといえば「Lovin' You」という
イメージはかなり強固なものになっていると思われます。

「Lovin' You」を収録したアルバムが本作なのですが、
アルバムトータルでの素晴らしさは「Lovin' You」だけで終わっている人に
「本当にもったいないから全部聴いてみて!」とオススメしたくなるアルバムなのです。

共同プロデューサーにスティービーワンダーを起用。
彼も2曲楽曲提供および、演奏もしています。

彼女のチャーミングながら声域の広い歌声とスティービーの助けもあってか
60年代のモータウン的ポップさを含んだソウルミュージックになっていると思います。

共同プロデュースのもう1人、リチャードルドルフのソングライティングも見逃せません。

ドライブ感に溢れ、ミニーのソウルシンガーとしての「強さ」を
しっかり表現している「Reasons」。

「Seeing You This Way」などで聴けるソウルとポップの境界線を
ゆらゆらと行き来するような白眉なバラードナンバーも、正に隠れた名曲。

「Lovin' You」だけで終わる事のもったいなさを痛感するのが、
ラストの「Our Lives」でしょう。
「Lovin' You」から続き、アルバムのエピローグ的に聴こえてくる
穏やかなナンバーはこのアルバム全体の余韻を
気持ちよく感じさせてくれる至福の1曲です。

60年代~70年代前半のソウルミュージックはレーベルの戦略などもあり
キラーナンバー以外を聴き逃しがちなのですが、
そういった聴き手の落し物をちゃんと届けてくれるような
アルバムが多々あることを忘れちゃダメだなあと思わせてくれる1枚です。

Perfect Angel

(K2レンタルオススメCD)
by tom
関連記事

| スタッフおすすめ(tom) | 13:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入荷情報(ソウルetc)

アリシア・キーズ「ソングス・イン・Aマイナー:エターナル・エディション~バース・オブ・アリシア・キーズ」
ソングス・イン・Aマイナー:エターナル・エディション~バース・オブ・アリシア・キーズソングス・イン・Aマイナー:エターナル・エディション~バース・オブ・アリシア・キーズ
アリシア・キーズ

SMJ 2011-07-13
売り上げランキング : 283279

Amazonで詳しく見る

デビュー10周年記念盤!早熟な才能を世界に知らしめたデビュー・アルバムのリマスター音源とリミックス&未発表音源収録!


モノトーンズ「ブック・オブ・ラブ
Book of LoveBook of Love
Monotones

Collectables 2005-09-27
売り上げランキング : 280451

Amazonで詳しく見る

R&B永遠のスタンダード・ナンバー「ブック・オブ・ラブ」収録の珠玉の1枚(ソウル/R&B)


他にも続々入荷中!
関連記事

| 入荷情報 | 21:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パーシー・スレッジ「男が女を愛する時」(K2オススメ)

パーシー・スレッジ(Percy Sledge)
「男が女を愛する時(When a Loves a woman)」

1966年に発表した「When A Man Loves A Woman」の大ヒットで
ソウル・バラード・シーンにおいて確固たる地位をものにした
名シンガー、パーシー・スレッジの
記念すべきデビュー・アルバムです。

この名作の邦題「男が女を愛する時」は
名邦題として有名なのでパーシー・スレッジを
知らない方でも耳にしたことあるのではないでしょうか。

ソウル・バラード第一人者と言われる彼の
全身全霊込めて熱く歌いきる姿には
美しさすら覚えます。

その姿にバラードのなんたるか、
男たるものを再認識させられるのは私だけでしょうか?

楽曲も熱唱に負けない当時のファットな
マッスル・ショールズ・サウンドと相まって
非常にディープなサザン・ソウルに仕上がっているのが
この時期の作品の特徴だと思います。

どうしてもタイトル曲のイメージだけが先行しがちだとは思いますが、
改めてじっくり聴いてみるとアルバム全体通して
南部産ソウル特有の絶妙な塩辛加減の効いた
良質なミディアム・ナンバー、泣きのバラードが
満載の傑作だと実感します。

男が女を愛する時

(K2レンタルオススメCD)
by mat
関連記事

| スタッフおすすめ(mat) | 15:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クラフトワーク「ツールドフランス」(K2オススメ)

クラフトワーク( Kraftwerk)
「ツールドフランス(Tour De France Soundtracks)」

もうすぐツールドフランスの季節がやってきます。

自転車は人間がエンジンなのに
時速30~50kmのスピードを出し、
一日で標高差2000mを駆け抜けたりと
ロードレースはまさに「マン・マシーン」の世界!

この作品は公式のサウンドトラックではなく、
クラフトワークの創設者ラルフヒュッターらの
自転車好きが昂じて出来たそうです。

近未来的な雰囲気やあのロボボイスも全編に渡ってでてくるので
12年ぶりのオリジナル作品とはいえクラフトワーク色たっぷり。

疾走感とスリリングさのあるトランシーな
サウンドの「ツール・ド・フランス・エタップ 1~3」は
タイムトライアルやゴール前の雰囲気を感じさせます。
「エレクトロ・カルディオグラム」は
心電図のことなので関係ないのですが、
重いビートと呼吸音で山岳の苦しい登りを想像してしまいます。

ツールドフランスというよりは、
ヒュッターの自転車愛から出来たと思われる一枚。

もくもくとひたすらペダルを漕いている時の緊張感、
自分の体力で得たスピードで風をきる気持ち良さ、
達成感が随所に感じられます。
ツール・ド・フランス

(K2レンタルオススメCD)
by skg
関連記事

| スタッフおすすめ(skg) | 15:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト「妖精王」(K2オススメ)

バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト(Baclay James Harvest)
「妖精王(Octoberon)」

なんと言っても彼等を語るときに外せないのが
オーケストラとの共演。
混声合唱もありつつ、その世界観の雄大さを感じる事が出来ます。

雄大さの中にある牧歌的雰囲気もまたこのバンドの特徴。
オルガンの音が彼等の音世界のイメージをどんどん増幅させます。

また、本作にはこういった雄大なシンフォニックな曲に加えて
当時の英国プログレに見られるポップ(と言うと言いすぎ?)な
音作りも含まれていて、アルバムの中でひとつの物語の
起承転結を「音」で聴く事が出来るでしょう。
(コンセプト盤ではありません)

この前後のアルバムはなかなか甲乙付けがたいところですが
ジャケットを眺めながらも楽しめるという事でコレを選びました。

プログレフェスによる来日も決まりましたね。楽しみです。

Octoberon

(K2レンタルオススメCD)
by tom
関連記事

| スタッフおすすめ(tom) | 15:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ